児童の権利に関する条約

子供の権利

今朝のニュースで、先日の池田中学校の事件の続報が流れておりました。

『生徒自殺の池田中学校長が退職願』

当然のことと言ってしまえばそれまでではありますが、できることならば、このような事態を避けるための措置を講じていただきたかったと思います。

事件の真相が、報道されてから、私自身このことに関する情報をネット上でいろいろ調べておりました。

そんな中、1つのブログなる記事を拝見しました。

それがこちらです。

『オギ♡ブロ 子供の権利は何か?』

テレビなどでおなじみの、尾木ママのオフィシャルブログの中の記事です。

個人的にこの方の、考え方には以前より共感を覚えることもあり、番組やブログはたびたび拝見しておりました。

以前、NHKの番組で放送された
『ウワサの保護者会 不登校~保護者ができることは?』
では、特に共感を覚えました。

 

話がそれてしまいましたが、そんな尾木ママのブログのこの記事に書かれていた
『子どもの権利条約』
というもの、自分なりに気になって調べてみました。

ググってみると、いっぱい出てきました。

その中から、一番読みやすかったものをご紹介いたします。

『児童の権利に関する条約』

外務省のHPの中にありました。文科省でなく外務省に掲載されてるのもなんか変な気がしましたが、国際条約ということもあるのでしょうか?

まあそれは置いといて、その中にこんな条文がありました。

第19条

1 締約国は、児童が父母法定保護者又は児童を監護する他の者による監護を受けている間において、あらゆる形態の身体的若しくは精神的な暴力、傷害若しくは虐待、放置若しくは怠慢な取扱い、不当な取扱い又は搾取(性的虐待を含む。)からその児童を保護するためすべての適当な立法上、行政上、社会上及び教育上の措置をとる。

2 1の保護措置には、適当な場合には、児童及び児童を監護する者のために必要な援助を与える社会的計画の作成その他の形態による防止のための効果的な手続並びに1に定める児童の不当な取扱いの事件の発見、報告、付託、調査、処置及び事後措置並びに適当な場合には司法の関与に関する効果的な手続を含むものとする。

これは私なりの解釈ですが、この条文の中にある、『児童を監護する他の者』とは、とりもなおさず学校の先生などを指しているのではないでしょうか?

今回の池田中学の事件は、児童を保護するためのに措置を取らなければならない立場の人間が、児童に対して精神的な暴力を課したという風にとらえられるのではないでしょうか?

国際条約で、子供を守るべき立場であった人間が、逆に、追い詰める側に回ってしまった。

やはりこのことは、重く受け止めるべきだと思います。

今すぐできる行動、対応を!!

今朝のYahooニュースの記事にこんな記事がありました。

『【叱責による中学生自殺】異例ではないという問題点とその対応策は』

不登校新聞、編集長の石井志昂(しこう)氏の記事です。

この記事の中で、こんな一文があります。

学校が苦しいと子どもが訴えたならば、それは「最終警告に近いSOSなんだ」と思っていただきたいのです。多くの親の場合は「学校がつらい」と子どもが言っても、最初はがんばらせてしまいます。

しかし、子どもからすれば、もう十二分にがんばって、それでもどうにもならない、と親や周囲に訴えてくるのです。

かならず本人は「SOS」を発信しているのですが、ほとんどの場合、周囲は「がんばって」と言ってしまいます。もちろん叱責やいじめがあったとは知らなかったでしょう。でも、心のどこかで、その声はSOSではなく「わがまま」「甘え」だと感じた可能性があります。

親の方は、子どもが苦しいと言ったら、まずは「わがまま」や「甘え」だと捉えず、「もしかしたらSOSではないか」と考えてください。

確かにその通りかもしれません。

大人ががんばれと言わなくても、子供たちって頑張っているんですよね。

大人から見て、そう見えなくても、本人は頑張っている。

頑張って、頑張って、頑張って、そしていっぱいいっぱいになって大人に助けを求めてる。

そんな時、いくら優しい言葉であっても、いくら笑顔であったとしても、

『もうちょっと、頑張ってみようか?』

その一言はいらない。

『今までよく頑張ったね』『少し休もうか?』

そんな声掛けが大切なのではないでしょうか?

最後に

もちろん、親の対応、助言、サポートは必須だと思います。

ただ、親の力では、どうすることもできないこともあります。

保護者が強く訴えても、学校が動かなかった今回のように・・・。

そういった時の為、各自治体の教育委員会などの電話番号などは、電話帳に登録しておいた方がいいかもしれませんね。

また、私が個人的に調べた中にも、行政機関や民間で悩みや相談を受け付ける場が設けられておりました。

参考までにご提示しておきます。

  • 子供人権110番 0120-007-110 (平日8:30~17:15)
  • チャイルドライン 0120-99-7777 (月~土16:00~21:00)
  • 24時間 子供SOSダイヤル 0120-0-78310
  • NPO法人 いじめ対策プロジェクト メール info@isp-kikaku.com

そのほかにも、いろんな相談窓口があるかもしれませんが、折を見て、そういった連絡先をまとめたページを作っていこうかと思っております。

最後までお読みいただきありがとうございました<(_ _)>

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください